ふじみ野市消防団について

画像の説明

はじめに・・・

消防団員は、消防官と異なり、平時は一般市民として他の職業に就き、火災やその他災害時において 非常勤の特別職地方公務員として活動するものです。

ふじみ野市をはじめ、現在の日本の多くの市町村では常備消防として消防本部が完備されているため、消防事業に対する消防団の活動はかつてに比べ縮小された部分もありますが、未だ消防本部の設置されていない地域においては、消防団が常備消防として消防活動に従事している場合もあります。
しかしながら、大規模災害時など常備消防だけでは対処できない場合においては地元に密着した消防団組織はなくてはならない存在となることがあります。
画像の説明
消防団においては火災等の有事における活動だけでなく、平時における活動も重要なものとなっています。
消火訓練はもちろんのこと、防災訓練、防火や防災の啓蒙活動、救命救急、そして祭礼や花火大会等への警備など 活動は広範囲に渡ります。

また、地域によっては水防活動や山岳救助を兼務している消防団もあります。
水防団は、河川等の洪水や高潮等の災害による被害を防ぎ、縮小させるための組織であり、近辺では 富士見市消防団の一部の分団が水防を兼ねています。 山間部においては、ニュース等でも消防団員による行方不明者の捜索などにより、その活動が報道 されることも見受けられます。
画像の説明  画像の説明
消防団員には「ボランティア」というイメージが強く印象付けられていますが、正確には前述のとおり法律により公務員の一種として定められています。
そのため、各団員には報酬や各種手当て、また条件を満たせば退職金が支給されます。 また、消防活動に必要な被服が貸与されるほか、消防団の活動中に負傷した場合等においては、消防組織法に基づき補償を受けることができます。

現在、ふじみ野市消防団では分団員を募集しています。
詳細につきましては、こちらをご覧下さい。