IHクッキングヒーター

昨今のエコブームにより、「オール電化」の家庭も多くなり、その一環としてIH式のクッキングヒーターが普及してきました。
IHとは、Induction Heatingの略であり、Induction=誘導によりHeating=加熱を行うという意味で、その仕組みから電磁誘導加熱と言われ、 IHクッキングヒーターは電磁料理器と呼ばれます。
IHヒーター内のコイルに電流を流すと磁力が発生します。ヒーター上の鍋がその磁力を受けると電流が流れ、鍋の持つ電気抵抗により 発熱するという仕組みです。したがって、基本的には磁力の影響を受ける=磁石に付く鍋やフライパンしか使うことができません。 (一部例外もありますが、効率が下がります。)

IHヒーターは、ガスコンロと違いガス漏れの危険性がなく、火を使わないことから火災の危険性も低いという理由も メリットとして挙げられています。
現実に、IHヒーターを導入すると火災のリスクが減少することから、保険料を割り引く火災保険も多く販売されています。

このように火事の起きないコンロとのイメージが強いIHヒーターですが、IHヒーターで調理中の発火が 数多く報告されており、その大部分は天ぷら火災となっています。
天ぷら火災で述べたとおり、天ぷら油は直接火に触れなくとも 350℃に達すると出火してしまいます。IHヒーターは火を使いませんが、油が発火し始める350℃以上の高温に上げることは可能ですので、 天ぷら油から出火する危険性は十分にあります。
ただし、IHヒーターには安全装置が備えられており、正しい使い方をしていれば一定温度以上には上がることはありませんので、 出火を未然に防ぐことができます。

天ぷら火災の原因として以下のとおりの事由が挙げられています。

・調理器具の底が平らでなかった。
 IHヒーターには温度センサーが設置されており、危険な温度に達しないよう自動的に温度を調整します。
 しかしながら、鍋やフライパンなどの底に反りがあったり、くぼみがあったりすると温度センサーが 接触せず正常に機能しません。結果として危険な温度域まで上昇し続ける恐れがあります。

・油の量が少なすぎる。
 メーカーによりてんぷら油の量には規定量が定められていますが、健康志向から少ない油で揚げる調理法を目にすることがあります。
規定量よりも少ない油量で調理すると温度センサーが感知するよりも早く油温が危険な温度域に達してしまう恐れがあります。

また、天ぷら火災以外の原因として次のものがあります。

・グリルは電磁誘導ではない。
 代表的な料理として焼き魚の調理ができるグリルですが、構造上、IH式(電磁誘導)では加熱することができませんので 電熱線が使われているのが一般的です。
 電熱線は非常に高温となりますので、グリル内の清掃不足により、グリルの内壁や電熱線に付着した油が発火したり、受け皿に水を張らなかったために 受け皿に落ちた油が発火したケースがあります。(なお、受け皿に水を張らなくてもよいグリルも発売されています。)

・ラジエントヒーターも電磁誘導ではない。
 IHヒーターと外観の似たものとしてラジエントヒーターがあります。
 Radiant、ラジエントとは光や熱を放射するという意味があり、一言で言えば電熱器です。
 IHヒーターでは温めることのできないもの・・・例えば土鍋で調理したり、餅を焼いたりすることが可能なため、 たとえば3口あるヒーターのうち、IHが2口、ラジエントが1口といった組み合わせのコンロもあります。
 しかし、IHヒーターと異なり、ラジエントヒーター自体が高熱を発しますので、可燃物が触れると発火する恐れがあります。

そして、何よりも大きな原因が「加熱したままその場を離れた」です。
調理中は目を離さないことはもちろんのこと、離れるときには電源を切ることが大前提となります。

いずれの事例にしても、正しい使用方法により防ぐことのできる火災です。
取扱説明書に記載された内容を守り、安全に調理を行いましょう。